債務整理を極める記事一覧

借金で返済にどうにもならなくなった時、債務整理という手段があります。債務整理の中にも「自己破産」「個人再生」「任意整理」の三種類があり、その中でも任意整理は裁判所を通さずに債権者と任意交渉をするので自己破産や個人再生と比べると手続きが簡単になるため、一番利用されている債務整理の方法となっています。任意整理のメリットとして、「整理する債権の整理以降の利息がカットされる」「整理する債権の支払い催促がス...

借金が返済できない場合には、債務整理行なうことによって借金の額を減額することが出来るという事はすでにご存じの事と思います。でも債務整理と一言で言っても、利息のみをカットするような方法から元金まですべて帳消しにできるような方法まで、種類は実に様々です。車も財産の一つとして数えられますので、債務整理をする際その行なう方法を間違ってしまうと、当然車は没収されてしまいます。例えば財産没収がある自己破産の場...

借金は最初のうちは数万円程度だったのが10万、30万、50万、100万を超えて、200万、300万、400万・・・と膨れていってしまうと、自力での返済は難しくなってしまいます。そんな返せなくなっていって、利息を支払うだけでも困難になってしまった場合は、もう債務整理を考えなければいけない時期でしょう。このページでは債務整理についての種類と概要だけを紹介しており、より詳しく気になった方は詳細ページも用...

多重債務を解決するにはおまとめローンがお勧めされています。他社の借金を一括で返せる金額を一社に融資してもらうので、借入額が大きくなり金利が低くなります。おまとめローンは良いことばかりなのかというと、一概に断言できません。デメリットとして挙げられるのは、おまとめローンは多重債務解決が大半の目的ですから審査が厳しい会社もある事です。特に金利が低ければ低いほど、審査は厳しくなる傾向にあります。ですから消...

テレビのCMで『過払い金請求の期限が迫っています』というような宣伝がされていますが、過払い金請求期限はいつなのか知っていますか?過払い金請求期限は、 最終取引から日から10年になるので、完済している人でも10年経っていなければ請求する事ができます。最終回取引日から10年と聞くと、まだ余裕があるような感じがありますが、社会情勢的にみると、ほとんどの人が10年を迎える頃なのです。それは改正貸金業法の第...

例えば取引が1年で100万円の借金をした場合、債務整理をする意味があるのか、そして債務整理をするならばどのような方法がよいのでしょうか。まず「債務整理をする意味があるのか」については債務整理をする意味があり、取引が1年であったとしても金利が高ければその分の借金が減りますし、債務整理の中の「任意整理」を利用することで今後の利息がゼロ%になるという点で十分メリットがあります。この100万円の借金の利息...

負債を抱えて自分ではどうすることもできなくなった時、債務整理という借金問題を解決する方法があります。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産など、いくつか種類がありますが任意整理は比較的周囲に知られにくい方法です。なぜなら、任意整理は裁判所を通さないので官報と呼ばれる国が発行している機関紙に載ることもありません。それに、全国どの弁護士事務所に依頼しても任意整理はできますので、家族や会社に絶対にばれ...

任意整理は裁判所を介さず、債権者との話し合いにより将来の利息をない状態にして返済していく方法です。任意整理は賃金業者との交渉がとても重要となる手続きです。それは、任意整理による返済条件は賃金業者との交渉の結果、双方の合意により成立してその後の返済が開始されるからです。このことから負担が少ない返済条件で合意をするためにも賃金業者との交渉を有利に進めていく必要がありますが、中には「自分でもできるのでは...

債務整理を過去に一度行ったものの、また借入の返済が立ちゆかなくなり再度の債務整理を考えたい場合、それは可能なのでしょうか。任意整理の場合には、同じ借入先の案件に対して再度任意整理を行うことはきわめて難しいでしょう。そもそも支払い利息や遅延損害金などを減額してもらって再契約をしているわけですから、それをまた契約遂行できないというのはあまりに信用ならないととらわれても、仕方がありません。最悪の場合「期...

債務整理は、毎月の返済に苦しむ債務者にとって生活再建のチャンスを与えます。特に、自己破産や個人再生などは、大幅に借金の減額がされます。しかし、一番気になるのが申請に掛かる手数料すなわち申請費用です。毎月の返済に苦しむ債務者にとって、高額な費用をどのように捻出するのか気になるところです。安心してください。債務整理に掛かる費用は、弁護士や司法書士に依頼した時点で毎月の返済が一時停止するため、申請期間中...